ホリカワ硝子、HSG株式会社

(株)HSGロゴ
  • お問合わせ
  • サイトマップ

強化ケミカル

ホリカワ、スペシャルガラス

タイトル:ケミカル強化

強化ガラス炉

化学強化ガラス炉

化学強化処理特殊溶融塩液(強化液)タンクは、500×1200×2600mm加工可能寸法は国内最大。
製造工程は曲げガラスなどの半製品を検査後、ガラスを強化処理タンクに入れ強化液に浸し、付着した薬品を洗浄、検品する。
製品性能安全試験として、大阪府が認証する機関が行うJIS規格耐熱衝撃試験、対荷重試験を行い、承認を得ている。

ケミカル強化の特性と風冷強化との違い

ケミカル強化の特性と風冷強化の違い

下記の比較より、今まで附可能だった新しい商品開発とユーザーニーズに100%お答えできる多機能商品としての素材は元より、アドバイザー・パートナーとしてご利用して頂ければ幸いです。

- ケミカル強化ガラス 風冷強化
強化処理後切断・加工 可能 不可能
在庫 可能 不可能
強化鏡・カラーガラス 可能 不可能
可能形状 制限無し 制限有り
表面硬度
納期 最短1日 制限有り(4~7日程度)
割れ形状 スジが入る程度 粉々状態
歪み・反り はぼ無し(フロート同様) 有り(S板ガラス同様)
耐熱性(3~6㎜比較) 200℃~260℃ 170℃~190℃
強度 生板の約9倍 生板の約4.5倍
可能な厚み 0.5mm~ 4mm~
可能なサイズ(最大) 1200×2600 1000×1800
可能なサイズ(最小) ガラス切りで可能なサイズ 220×300
安全性 自然爆発なし 自然爆発の可能性有り

現在、国内においてケミカル強化としてのJIS規格は、ございませんが平成15年12月ガラスの本場ヨーロッパにおいてケミカル強化の規格が作成されH・S・Gケミカルも同様にヨーロッパ規格に適応する商品として販売に至りました。
(詳しくはお問合せ下さい)

HSGケミカルの附加特徴

HSGケミカルの附加特徴は?どんな所に使われているの?

  1. 通常板ガラスの平均9倍 (試験値5~12)の強度<航空機の窓ガラス・デパート地下曲げケースに使用>
  2. 耐熱性に優れている (約180℃~260℃耐久) <CDの原盤に使用>
  3. キズのつきにくい表面硬度が大 <時計のカバーガラスに使用>
  4. 歪み・反り・変型がほとんど無く、高い寸法精度が保たれ平衝が保てる <写真複写機に使用>
  5. どんな形状でも強化加工が可能<立体や曲げ等 平板以外にも使用>
  6. 割れ方がスジの入る程度で飛散せず安全性が高い<眼鏡レンズ・車のフロントガラスに使用>
  7. 切断・穴あけ・えぐり・磨き加工が強化加工後に可能<納期がない・すぐにサイズが出ない現場仕事に使用>
  8. 着色・銀引 (ミラー) 加工・複層ガラス・合わせガラス等と併用して附加価値商品<高級家具・什器・防犯用に使用>
  9. ガラス厚みに制限がない0.5㎜厚からOK

ガラステーブル・ショーケースをはじめ、建築用製品まで幅広く対応します。板厚・寸法・形状など自在に加工。
一貫製作体制を完備しました。